【必見】FXの8大メリット

※この記事は過去運営ブログからの転載です。

 

① 景気に左右されずに利益を出せる
② 24時間いつでもどこでもできる
③ 国が破綻した場合のリスクヘッジになる
④ 株と違って決済期限が無い
⑤ 毎日自動的に金利収入が得られる
⑥ 勉強すべきことが少なく、学生でも可能
⑦ 手数料が極小(外貨預金の1/100以下)
⑧ 小額資金から可能(手軽に投資できる)

①景気に左右されずに利益を出せる

 

 

実はFXでは相場が下がっていても問題なく利益を出すことが出来ます。

 


投資に限らず、通常多くのビジネスは

「安く仕入れたものを高く販売する」という方法で利益を出します。


FXも基本的には同じですが、

「高く売ったものを安く買い戻す」という方法でも利益を出すことができます。


ここはちょっと難しいので詳しく説明します。

 

 

 

例えば、何らかの原因で「ドルが下がりそうだ」と判断したとします。
この際に日本円しか持っていなくても、FX会社経由でドルを「売る」ことが出来るのです。

 

 


例えば1ドル110円の時に1万ドルを売るとします。(110万円分の売り注文)
次に1ドル100円になった後に、1万ドルを買い戻します。(100万円分の買い注文)

 

 


この場合には、110万円から100万円を差し引いた10万円が「利益」となります。
これはいわゆる「売りから入る」取引です。

 

 


このように「買い」からだけでなく、「売り」から入ることができるため、FXでは景気に左右されずに為替差益を得ることができます。

初心者の方には難しいと思うので、何となくでも構いませんので、
FXでは「買い」からだけでなく、「売り」からも入ることができると覚えておいて下さい。

 


収益チャンスが経済トレンドに左右されないですみますので、

FXでは好況・不況に関係なく利益を出すことが出来るということです。

 


同じ外貨に投資するにしても、円安局面でしか収益を出せない

外貨預金などと比べると、売りから入れることはFX特有のメリットです。

① 景気に左右されずに利益を出せる
② 24時間いつでもどこでもできる
③ 国が破綻した場合のリスクヘッジになる
④ 株と違って決済期限が無い
⑤ 毎日自動的に金利収入が得られる
⑥ 勉強すべきことが少なく、学生でも可能
⑦ 手数料が極小(外貨預金の1/100以下)
⑧ 小額資金から可能(手軽に投資できる)

➁24時間いつでもどこでもできる

 

 

為替相場には国ごとに時差があるので常にどこかの国で取引されているため、

株と違ってパソコンさえあれば24時間いつでも取引することができます。

株式市場のようにどこか特定の場所に集まって取引する、というようなことはFXにはありません。
また相場が活発に動いている時間帯がFXにはあります。



それは「ロンドン市場」「ニューヨーク市場」の両方の市場が開いている21~2時頃です。

この時間は為替相場が頻繁に動きます。

 


24時間いつでも取引することはできますが、長時間やれば勝てるということでももありませんので、体を壊さないよう適度にトレードするといいと思います。

 

(日本では土日は取引することができません。)

① 景気に左右されずに利益を出せる
② 24時間いつでもどこでもできる
③ 国が破綻した場合のリスクヘッジになる
④ 株と違って決済期限が無い
⑤ 毎日自動的に金利収入が得られる
⑥ 勉強すべきことが少なく、学生でも可能
⑦ 手数料が極小(外貨預金の1/100以下)
⑧ 小額資金から可能(手軽に投資できる)

➂日本が破綻した場合のリスクヘッジになる

 

 

FXとは2つの国の通貨を交換する取引ですが2つの国の通貨の組み合わせのことを「通貨ペア」と言い、その組み合わせは150 種類にもなります。


とはいえ、この150種類の組み合わせの全てがFXでトレードできるわけではないです。

 


世界中の通貨に投資できるメリットは何かと言うと、

日本政府が破綻した時やハイパーインフレになった時などには

日本の通貨だけを持っているより、

 

資産を分散させた方がリスクを抑えられることができることです。

 


なぜなら、そのような場合には

今のあなたの持っている円の価値が限りなくゼロに近くなるからです。

 


言ってしまえば、

 

資産を100%「円」で持っている人は、

「円高になる」という見通しを持っていることと同じ

 

なのです。

① 景気に左右されずに利益を出せる
② 24時間いつでもどこでもできる
③ 国が破綻した場合のリスクヘッジになる
④ 株と違って決済期限が無い
⑤ 毎日自動的に金利収入が得られる
⑥ 勉強すべきことが少なく、学生でも可能
⑦ 手数料が極小(外貨預金の1/100以下)
⑧ 小額資金から可能(手軽に投資できる)

④株と違って決済期限が無い

 

 

FXでは「買い」でポジションを保有した時には、

買った時より為替レート(価格)が上がったらプラスになります。

そうして一時的に利益が出ている状態のことを「評価益」といいます。

 


この状態ではまだ決済していないので、利益は確定していません。



決済とは、例えば「円→米ドル」のように換金した通貨を、

また元の通貨に戻すことを言います。(この場合には「米ドル→円」)


また、最初の「円→米ドル」のような換金を新規取引

「米ドル→円」のように戻すことを決済取引と言います。



買った時より為替レートが上がった状態で決済取引をした場合には

「確定益」といい、これで初めて利益が確定となります。


また反対に「買い」でポジションを保有した時より

為替レートが下がった状態で一時的に損が出ている状態のことを「評価損」といいます。

この状態ではまだ決済していないので、損失は確定していません。



これで確定(決済)した場合は「確定損」といい、この時に初めて損益となります。

つまりレート(価格)が下がっても決算しない限り実際に損益は受けません。


極論を言えば、買った時よりも為替レートが上がるまでずっと待って、

買った時のレートを上回った時に決済すれば損をすることはないのです。


FXには株と違って決済期限がありません。


つまり、買ってからどれだけ値が下がっても、

また値が戻るまで無期限で待っていることが出来るのです。


(ちなみに決済を翌日以降に持ち込むことをロールオーバーと言います。)


問題は、口座に入れている証拠金を上回る評価損が出た時です。
そのような時は、強制決済(ロスカット)されてしまいます。

(ロスカットについては次に説明します。)


FXにおいて大事なことは、自分がどこまでのレートの下落に耐えることが出来るかを常に把握しておくことです。

① 景気に左右されずに利益を出せる
② 24時間いつでもどこでもできる
③ 国が破綻した場合のリスクヘッジになる
④ 株と違って決済期限が無い
⑤ 毎日自動的に金利収入が得られる
⑥ 勉強すべきことが少なく、学生でも可能
⑦ 手数料が極小(外貨預金の1/100以下)
⑧ 小額資金から可能(手軽に投資できる)

⑤毎日自動的に金利収入が得られる

 

 

FXでは、必ずしも毎日トレードをしなければお金が入ってこないわけではありません。

FXはかならずしもアクティブにトレードしなくても、

円より高い金利の通貨を持っているだけで、毎日スワップ金利収入がつきます。

具体的には、「買い」のポジションを持っている場合には、

スワップ金利が毎日何もしないでも、銀行口座に振り込まれてきます。

これはFXにおいて最もおいしい魅力の一つですね。


日本の円は、スイスフランと並ぶ世界でも有数の低金利通貨です。

外貨を保有しているだけで金利が付くスワップ収入は、

レバレッジ規制後も存続するFXのメリットのひとつです。


そのためサラリーマンの方が副業的にFXにアプローチする場合に向いているローリスク&ローリターンのトレードスタイルです。


1日あたりに発生するスワップポイントは微々たるものですが、
1万通貨単位の豪ドル/円のスワップポイントが100円だとしたら・・・

1ケ月で3,000円ほどのスワップ金利が発生していることになり、
1年では36,500円のスワップポイントがつく計算になります。


もちろん取引通貨量が多ければ、発生するスワップポイントの額も大きくなりますし、豪ドル以上に高金利の通貨を取引すれば、収益をもっと大きくするとができます。



年利100%などのハイリターンは望めませんが簡単確実な方法なので、

リスクを抑えて安定収入を得たい方にはお勧めです。

① 景気に左右されずに利益を出せる
② 24時間いつでもどこでもできる
③ 国が破綻した場合のリスクヘッジになる
④ 株と違って決済期限が無い
⑤ 毎日自動的に金利収入が得られる
⑥ 勉強すべきことが少なく、学生でも可能
⑦ 手数料が極小(外貨預金の1/100以下)
⑧ 小額資金から可能(手軽に投資できる)

⑥毎日自動的に金利収入が得られる

 

 

FXを実際に取引してみると売買上のメリットや特徴に気づくと思います。

FXは他の投資にくらべてとっつきやすく感じると思いますが、その理由として

投資対象となる銘柄の数がそれほど多くないということがあげられると思います。

株式投資のように膨大な数の銘柄が並んでいるものだと、

どこに投資すれば良いか、初心者では判断しようがないでしょう。

それに何かの情報を頼りに銘柄を選択しようにも、

どの情報源があてに出来るのかも検討がつきません。


少なくともFXより、事前に勉強しておく必要がありそうです。

また不動産投資も投資対象の多さでは株式投資と良い勝負です。

 


インターネットが普及したことで投資物件情報もネットである程度知ることができます。

 

 

ただ本当に購入する際は、実際に物件を見て判断する必要がありますし、その物件が相場と比べて適正な価格かどうかを判断するするのは初心者には難しい仕事です。

ある程度不動産投資の経験を積んでいる方なら別ですが、専門家に頼らなければならない場面が多々ありそうです。

 


これらにくらべて、FXの投資対象は非常に限られたものです。

また海外旅行に行く機会が多くなった私たちにとって、

外貨は身近な存在となってきています。

FXは世界中から投資に参加しているので、

取引回数は株や不動産とは比較にならないほど多いです。

そのため株や不動産と違って買い手を見つけるのに苦労することがありません。


売りも買いもパソコンの前に座ったままワンクリックで成立してしまうというのは、
FXでは当たり前のことですが、他の投資ジャンルでは考えられないことです。

① 景気に左右されずに利益を出せる
② 24時間いつでもどこでもできる
③ 国が破綻した場合のリスクヘッジになる
④ 株と違って決済期限が無い
⑤ 毎日自動的に金利収入が得られる
⑥ 勉強すべきことが少なく、学生でも可能
⑦ 手数料が極小(外貨預金の1/100以下)
⑧ 小額資金から可能(手軽に投資できる)

⑦手数料が外貨預金の1/100以下と極小

 

 

FXのメリットとしてかならず言及されることのひとつに

取引手数料の安さがあります。


現在FXでスプレッド以外に為替手数料がかかるのは、

くりっく365などの取引所FXの業者ぐらいで、それ以外では、

取引通貨数が1万通貨未満の取引の場合に有料の業者が何社かあるぐらいです。


店頭FX業者のスプレッドは、1銭を切るところも多く、

高いと言われるところでも2銭という安さです。


銀行で米ドルの外貨預金をすると、1ドル当り片道1円(往復2円)かかりますので、

どちらが得かは歴然としています。


外貨投資では、為替手数料や取引コストは、投資家の収益に直結しています。

往復で2円も為替手数料がかかる外貨預金だと、

いざ円転してみたらマイナスになってしまったという笑えない話も十分起こり得ます。

銀行の外貨預金を検討している方は、

それ以外の外貨投資商品もよく調べてみたほうが良いでしょう。

① 景気に左右されずに利益を出せる
② 24時間いつでもどこでもできる
③ 国が破綻した場合のリスクヘッジになる
④ 株と違って決済期限が無い
⑤ 毎日自動的に金利収入が得られる
⑥ 勉強すべきことが少なく、学生でも可能
⑦ 手数料が極小(外貨預金の1/100以下)
⑧ 小額資金から可能(手軽に投資できる)

⑧小額の資金から投資が可能

 

 

FXは通常の投資で考えられているような準備資金がなくても、取引をはじめることができます。


このことをFXのメリットだと考えている人は結構多いのではないでしょうか。

 


たとえば、多額の融資を受けられる人なら別ですが、10万円しかない人が

いきなり不動産投資株式投資をはじめるのはどう考えても無理です。

ですが、FXならそれも可能です。

 

 


取引をはじめるにあたって、数万円ではいくら何でも無理がありますが、
10万円程度の資金が用意できれば、とりあえず取引をスタートさせることが出来ます。


昔の感覚で言えば、投資はある程度資産なり余裕資金を所有している人がやるものというイメージがありました。

でも、FXをはじめるのに、かならずしもお金持ちである必要はありません。

 


給与所得から貯蓄してきた資金の一部を原資に取引をはじめることは十分可能なことです。

 


ただし水を差すようですが、レバレッジ規制のおかげで、規制前と同程度の取引通貨を購入するとすれば、規制後のほうが多く資金準備する必要もでてくるでしょう。


レバレッジが低くなるいということは必要証拠金が増えるということだからです。

 

 


またFXの場合、初回口座入金額に特に規定がなく、取引をはじめるために証拠金を預け入れるまでは、拘束される資金がゼロで済むという取引業者も少なくありません。


資金力が低い方でも投資に参加できる点や、口座開設しても実際に取引をはじめるまではお金がかからないで済む点は、FXのメリットと考えて良いと思います。

① 景気に左右されずに利益を出せる
② 24時間いつでもどこでもできる
③ 国が破綻した場合のリスクヘッジになる
④ 株と違って決済期限が無い
⑤ 毎日自動的に金利収入が得られる
⑥ 勉強すべきことが少なく、学生でも可能
⑦ 手数料が極小(外貨預金の1/100以下)
⑧ 小額資金から可能(手軽に投資できる)

【関連記事】

【要注意】FXの8つのリスク