ファンダメンダルズ分析(重要度:低)

 

※この記事は過去運営ブログからの転載です。


実際のところチャート分析による相場の予測には限界があります。


なぜなら、突発的なテロ事件や震災、金融政策の発表などが
相場の流れを大きく変えることがあるからです。


つまり自動売買ではなく、裁量での取引を行う場合には
相場の動きを予測するにはチャート分析だけではなく、
ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)の分析も必要です。


具体的には、GDP(国内総生産)やCPI(消費者物価指数)、金利、
失業率などの要因をチェックします。

ファンダメンタルズ分析で欠かせないのは、アメリカの経済指標です。

世界の基軸通貨である米ドルの動向が為替相場の基本となりますので、
アメリカ経済の動きは必ず確認する必要があります。


以下にファンダメンタルズ分析において最低チェックしておきたい
経済指標を説明します。

 



①GDP(国内総生産)

GDPは国全体の経済力を表わす指標です。

米国のGDPは四半期ごとに発表され、重要なのが「速報値」です。

良い数字が出れば、経済の成長率が高くなっていることが分かるため、
貨幣価値は上昇する可能性が高いです。


②CPI(消費者物価指数)

CPIは消費者が物やサービスに対して支払った価格の動向を示す指標です。

コア指数と呼ばれる、価格変動の激しい「エネルギー」と「食品」を除いたものが特に重視されます。

消費者物価指数(CPI)が上がるとインフレに繋がる可能性があるため、
貨幣価値が下落することが多いです。


なおCPIは毎月発表されます。


③金利

金利が高ければ所有したい方が増える可能性があるため、
金利が高くなれば貨幣価値の上昇に繋がる可能性があると言えます。


この為、米国の金利を決定するFOMCは米国への資金流動に影響するため、
為替相場の変動要因として確認しておくことが望ましいです。

④失業率

失業率の値が高ければ個人消費が少なくなることから、
貨幣価値の下落に繋がる可能性があります。


ファンダメンダルズ分析は長期の方向性に役立てるだけでなく、
指標が発表された直後に大きくレートが動くことがあります。



そのためこのタイミングを利用して行う超短期のトレードに利用されます。

例えば、GDPなどの経済指標が発表される前に出される予想数字と比べて、
実際の数字が悪かったら「失望売り」が起こります。


それを知っていれば、現在値より少し下のレートで売り注文を入れておけば、
失望売りの下落に乗り「売って買い戻す」ことで利益が得られます。


個人的には、この手法はある程度経験をつみ、
自分のトレードスタイルが確立するまでやらない方が無難です。

以上がファンダメンダルズ分析です。


こちらもテクニカル分析同様、自動売買やシステムトレードをする際には
そこまで確認する必要はありませんが、基礎知識として一応知っておいてください。

 

【関連記事】

・テクニカル分析(裁量トレードに必須スキル)

・FXの3つのトレードスタイル(手法編)

・主な4つの投資スタイル(時間編)