各国の通貨の特徴

 

※この記事は過去運営ブログからの転載です。

 

各国の通貨の値動きには特徴があります。

FXは2国間の通貨の交換取引のことを言いますが、

通貨ペア(通貨の組み合わせ)によって、

短期投資なのか、長期投資なのか、
また、為替差益を狙う投資スタイルなのか、
スワップ金利を狙うスタイルなのかが変わってきます。


FXにおいて何より大事なことは
自分の投資スタイルに合った通貨でトレードを行うことです。


以下に代表的な通貨ペアの特徴を記載します。

米ドル(アメリカドル)・円

日本人に最も人気のある通貨ペアです。

円を絡めたほとんどの通貨ペアが「米ドル円」の値動きに連動します。

スプレッドは比較的低いですが、サブプライム問題以降は
利下げ傾向で、スワップ金利も低めです。

ユーロ安の際の逃避通貨として利用されやすいです。



考えられるリスクとしては、戦争のリスクや政策金利の打ち止め、
貿易赤字と財政赤字の「双子の赤字」などが挙げられます。

変動幅は小さいためあまりデイトレードには向いていません。

またスワップも小さいのでスワップ投資にも適しませんが、
基軸通貨であるため流動性も高いので、初心者の方が扱う通貨としては問題ありません。

 

 

ユーロ・円

アメリカにマイナス要素がある時にはユーロが買われ、
逆にアメリカにプラスの材料が多い時にはユーロが売られる傾向が強いです。

そのため米ドルとは逆相関関係になることもあります。



またユーロは採用している国が多いため要人の発言が多く、
ファンダメンタルズ分析によって相場の動きを掴むことが難しいです。

第二の基軸通貨として流動性も高く安定感がある上、米ドルよりも

金利が高いのでスワップ金利狙いの中・長期投資として適していると言えます。

 

イギリスポンド・円

流政策金利が高く、値動きが大きいため

スワップトレード、デイトレードに適しています。

しかし値動きが大きいということはそれだけリスクも大きくなりますので、
上級者向けの通貨ペアとも言えます。

特にレバレッジを上げすぎないよう注意すべき通貨ペアの一つです。

 

豪(オーストラリア)ドル・円

ポンドと同様、スワップポイントも高いのが特徴です。

また流動性が低いため値動きが荒い時もあるので、
スワップトレード、デイトレードに向いている通貨ペアです。

豪ドルの値動きは、ユーロと連動しやすい傾向にあると言われています。

また日本や中国をはじめとするアジア諸国との貿易取引が多いため、
アジア経済の動向が反映されやすいです。

また主要輸出品が鉱産物であることから、商品相場の影響も大きいです。

以上が主な通貨ペアの特徴です。一応、FXをする上では覚えておいてください。

 

 

【関連記事】

・FXの3つのトレードスタイル(手法編)

・主な4つの投資スタイル(時間編)