ロング/ショートとは何か?

 

※この記事は過去運営ブログからの転載です。

 

FX投資をしていたら必ず目にする言葉の一つに、ロングとショートというものがあります。

ロングとは?

長いという意味ではないです笑

これは、「外貨を買って日本円を売っている」状態のことを言います。

買っている国の通貨が値上がりすること(=円安になること)で利益を得ることができる状態です。
 
例)
1ドル100円で1万ドルをロング(買う)



1ドル110円になると1円×(110-100)=10万円の利益



ショートとは?

短いという意味ではないです笑
ロングとは反対に「外貨を売って日本円を買っている」状態のことを言います。

「売り」から入っている状態のことです。
買っている国の通貨が値下がりすること(=円高になること)で利益を得ることができる状態です。


例)
1ドル100円で1万ドルをショート(売う)



1ドル90円になると1円×(100-90)=10万円の利益

 

簡単に言うと、

外貨の値が上がりそうなら、ロング(買い)!
外貨の値が下がりそうなら、ショート(売り)!


ということです。

 

【関連記事】

・「円安」と「円高」とは?

・スプレッドとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です