「証拠金(保証金)」と「レバレッジ」とは?

 

※この記事は過去運営ブログからの転載です。

 

「証拠金(保証金)」というのは、FXをするときにFX会社に「担保」として預けるお金のことです。


FXではこの証拠金を預けることにより、預けた金額以上の取引をすることが出来るようになっています。これをレバレッジをかけるといいます。

 

FXの最大の特徴は、担保となる手元の資金(取引保証金)にレバレッジ(てこの原理)をかけて、

何倍もの金額の外貨を取引できることです。

例えば、1米ドル=100円の時に1万米ドルを買う場合、外貨預金(レバレッジ1)ならば当然100万円が必要です。

ところがFXの場合では、レバレッジを10倍にすると1万米ドルの取引に必要なお金(保証金)は100万円の10分の1の10万円となり、

 

10万円で1万米ドル(100万円分)の取引が行えます。


ドル円を100円で買って110円の時に決済すると、レバレッジ1倍のときは1万通貨の場合は10万円の利益ですが、レバレッジ2倍にすると20万円の利益です。

注意として、レバレッジをかけることで利益だけではなく、損失も倍になります。
レバレッジはリスク管理をしっかりした上でかけましょう。

レバレッジによるリスクを抑えるには、高いレバレッジの場合は短期取引、低いレバレッジの場合は長期取引を行うなど、リスクを上手くコントロールしましょう。

 

【関連記事】

・ロング/ショートとは何か?

・「円安」と「円高」とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です