「円安」と「円高」とは?

 

※この記事は過去運営ブログからの転載です。

 

FXをするのであれば、円高と円安の違いについては理解しておいた方が良いです。

小中学校で習ったとは思いますが、ここが一番わかりにくいところかもしれません。


一般常識として知っておいた方がいいと思いますので、ここで復習しておいてください!

円安とは?

 

1ドルが100円だとすると、

100ドルを買うには100円×100ドル=1万円が必要になります。

しかし、「1ドルは110円です」と言われている日には、100ドルを買うには1万1000円が必要になります。

同じ100ドルを買うのに、よりたくさん円が必要になります。
この状態を「円安」といいます。

円の価値が下がっている状態ですね。

 

円高とは?

 

ドルが100円から90円に変わったとします。
この場合9000円あれば1万ドルを買うことが出来ると言うことですね。

つまり同じ1万ドルを買うために必要な円が小さくなりました。
この状態を「円高」と言います。

円の価値が上がっている状態です。

 

円高、円安になる原因はさまざまです。

とはいっても、FXをする際にはそれらの原因は気にする必要はありませんので、心配は不要です。

 

【関連記事】

・ロング/ショートとは何か?

・スプレッドとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です